FC2ブログ
至福の石けんを実際に使用したお客様達から送られて来た、不思議な石けんの体験談集。
page top
自分が子供を持つ事への不安感
みなりっち様

こんにちは(^-^)
先日は、2回目のセッションありがとうございました。
セッションの前に、『自分の母親のことについて』セッションしてもらおうかと思っていたのですが、
『自分が子供を持つ事への不安感』に変更しました。
でも、最終的には自分の母親のことに繋がっていたことに驚きました(笑)
※赤ちゃんについてだから特にですかね・・・。

さてさて、セッションを受けての感想です。 ちょっと、どす黒い(??)部分もあるので、掲載については
みなりっちさんのご判断におまかせ致します。 ※名前は、こけしちゃんで♪

自分が子供を持つという事・・・。本当に欲しい気持ちが高まると共に、不安感も押し寄せていました。
私のような人間が、ひとりの人格を育てる事が出来るのか・・・? 
きっと生まれてきた子供を、他の人間と比較して育ててしまうのではないのか・・・??
自分と同じように、生き方が不器用な子供になってしまったらどうしよう・・・。
経済的に、主人に甘えてしまうことは悪いことでは・・・??  などなど。 かなり湧き過ぎですね(笑)

近所やスーパーマーケットで泣き叫ぶ子供や、しつけのされていない我儘な子供を見ては、『あんな人間に育てるなんて・・・』と
いう親に対する批判、幼児虐待などの悲しいニュースを目にしては、やり場のない悲しみや怒りが湧いていました。
生まれてすぐに、『何だ、また女の子か』と父親に言われ、また、祖母や叔母からは、『あなたはお姉ちゃんの様に親に可愛がられてなくて可哀想に・・・。』
と言われたりしました。いま、文章にしても涙が出ますが、幼い私はそれを素直に受け取り、『男の子のように家族を支えなきゃ、自分を犠牲にしなきゃ認められない』
と強く思ってしまいました。
大人の何気ない一言って、子供の心にはグサッと刺さるんですね。そして、大人になってもその傷が疼くんです・・・。
※余談ですが、父が『男の子ならば一緒に酒が飲めるのになぁ・・・』とよく言っていたので、お酒もそこそこ飲めるようになりました(笑)
自分を犠牲にしなければ・・・の思いは、ずいぶん昔(平安時代か鎌倉時代と言っていた様な記憶が!)から受け継がれていたんですね。確か、母親も同じ考えだった
ように思います。

みなりっちさんがセッションの中で、生まれたばかりの私に天使の祝福を下さって、本当に嬉しかったです。自分を祝福してくれる存在がいるって事は、本当に
素晴らしいですね!心地よい幸福感に包み込まれたのを、今も思い出します。
みなりっちさんが、『子育ては、完璧を求めてはダメなんです。褒めて伸ばす子育てをして』とおっしゃって、自分でも、ハッとしました。
私は、何事にも完璧を求める傾向があります。たぶん、認められたい思いの一心だと思うのですが、『あれじゃダメだ、これじゃダメだ』と他人をジャッジする事もよくあります。
今の自分は完璧な人間じゃない=自分は子供を育てられる人間ではない。と心の片隅にあった様に思います。
『褒める』という事も、自分自身が褒められた事が少なく、厳しくしつけられた為、今、誰かに褒められても、素直に受け取れないんです・・・。
自分の様な子供になって欲しくないって願うのならば、自分がしてもらいたかった事を沢山してあげればいいのかなぁと思うようになりました。
子供を授かる前から、こんなにウダウダ悩む人間も稀でしょうが、授かる事を実践しつつ(これは重要ですが(笑))、自分の事も少し甘やかしてみようと思います。

赤ちゃんは、授かりものなんで、きっと近いうちに私のお腹にひょっこりやってきてくれると信じています♪

また、機会がありましたら、セッションをお願い致します。今度は、母親の事にしようかな・・・。

あと、文面でも書いたのですが、遠い昔から受け継がれている事というのは、私が、その昔生きていた(輪廻転生を繰り返していた)という事でしょうか??
だから、悩みも人に比べて多いのかなぁ・・・と勝手に思ってしまったので。もしよければ教えて欲しいです。

文章がかならゴチャゴチャしてしまい、言いたい言葉がうまく出なくて、薄っぺらい内容になってしまったかもしれません。
少しずつ、前に進んでいる気がします。

こけしちゃん



こけしちゃん、いつも、ありがとうございます。
セッションでは、いろいろと深い部分も扱いましたね。
輪廻転生は、みんなしていると思われます。
ただし、自分の世界は、自分自身が作っているので、輪廻転生や過去世を信じない人には、存在しません。
個人セッションでは、創造の源が、過去世から来ていると情報を送ってきた場合のみ、扱うことができます。
ここでは、過去世は存在すると言う前提でお話ししますね。

輪廻転生は、何百万回と経験していると言われていて、その中には、似たような人生もたくさんあります。
もちろん、良い人生もたくさんありますし、その逆もあります。
魂のウィークポイントの傾向ってのがあって、輪廻転生を繰り返すごとにそれが強化されている場合があります。
私が行うシータヒーリングのセッションでは、その根本の原因を創造主が最高最善へと変えていきます。

長くなりましたが、いろいろいろいろ。。。。。たくさん出てくるのは、こけしちゃんだけじゃありません。
私もそうでしたし、皆さんそうです。
しかし、個人セッションも回数を重ねるごとにシンプルになってきて、そう過剰に反応しなくなったり、さっさと楽になれるようになってきます。

子供の頃から親に否定されて育つと、その子は自信がなくなります。
自信を無くした子供は、自分じゃだめだと自分自身を捨てる選択をします。
そして、自分以外の誰かになろうと懸命に努力します。
こけしちゃんの場合は、お父さんが望んだ男の子になることでした。

男の子なので、当然子供を産むことはできません。

といった所で深い部分での葛藤があったのだと思います。

今のこけしちゃんに必要な事は、ジャッジを手放し、完璧主義を手放すこと。
そして、親を許すことです。

だけど、すぐにそれを行うのは難しいと思うので、自分に優しくすること、必要以上に自分自身に厳しくしないこと、自分を認めることをメインになさるといいですね。
そうする上で、お母さんとの関係を扱うのは、とても良いことです。
お母さん=女性性の象徴で、受け取ること、慈愛、癒し、受け入れることに関係するからです。

子供には、社会のルールはきちんと教えなければならないけど、なるべくその子の個性を認めて、肯定しながら育てた方が、しっかりした良い子に育ちます。だけど、育てる側の親が自分自身を否定していたら、子供にも自分の否定を投影してしまうので、そういった子育てが難しくなります。
どうぞ、ご自身を肯定してあげてください。
私がお話しを聞く限り、こけしちゃんは、本当によく頑張ってきました。
努力の人であり、とても知的です。

可愛い赤ちゃんは、タイミングが整った時に必ず来てくれるでしょう。
焦らずに、自分自身を大切にしてお過ごしくださいね。

では。

© 至福の石けん*ミラクルメール集. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG